海の上に幻想的風景 茨城で珍しい「上位蜃気楼」(2017/07/19 15:08)

 茨城県で珍しい幻想的な風景が姿を現しました。

 14日、茨城県鉾田市に突如現れた上位蜃気楼(しんきろう)と呼ばれる珍しい蜃気楼を捉えた映像が、ニュース投稿アプリ「みんながカメラマン」に寄せられました。太平洋側にこの蜃気楼が現れるのは極めて珍しいということです。
 空の探検家・武田康男さん:「上位蜃気楼はなかなか見られないですね。全国的にも非常に珍しい現象で。船が上に伸びていたりちょっと上のほうで逆さまになっていますから、上位蜃気楼ということで間違いないですね」
 この大きな上位蜃気楼は、肉眼でもはっきりと見ることができ、長時間、海の上に浮かび上がりました。この現象は海で冷やされた空気の層とその上の暖かい空気の層の間で光が屈折して起こるといわれています。
 撮影したナガイタテオさん:「この日実は8時間連続して出てたんです。そんなことはもう10年に1回です。私も六十数年生きてて興奮するほど大きかったです」
 専門家によりますと、黒潮が流れる茨城県沖は海水温が低く、急激に暖かい空気が入った今年は特に蜃気楼が起きやすくなっているということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集