「徳川将軍家へようこそ」展 きょうから開始(2017/08/11 07:07)

 徳川家に伝わる美術品や絵画を集めた「徳川将軍家へようこそ」展が東京・墨田区の江戸東京博物館で11日から開かれます。

 「徳川将軍家へようこそ」展には、初代将軍の家康から大政奉還した15代将軍の慶喜、その跡を継いだ家達にまつわる品々が展示され、当時の生活様式や文化、美意識の移り変わりを読み取ることができます。
 徳川記念財団・徳川家広理事:「(江戸時代は)日本が独自の文明になった時代だと思います。それを支えた人たちにまつわるものですね」
 江戸時代後期の絵師・酒井抱一の描いた「武蔵野富士図」は、ススキやリンドウなどを描き込むことで江戸から見た秋の富士山を表現しています。また、14代将軍の家茂に嫁いだ皇女・和宮の使っていた調度品なども展示されます。この美術展は来月24日まで開かれます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集