「だましやすい」知的障害の知人から“カード詐取”(2017/09/08 11:58)

 知的障害を持つ男性に消費者金融のキャッシングカードを作らせてだまし取ったとして、34歳の会社員の男が逮捕されました。

 牟田浩士容疑者は3月、知的障害を持つ30代の男性にこの男性名義のキャッシングカードを発行させ、「君が持っていると危ないから、僕が預かっておくよ」などとカード1枚をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、2人は仕事を通じて知り合い、牟田容疑者が「今度、飲食店に行こうか」などと誘って、店の会員証を作ると装いながら自動契約コーナーでカードを発行させたということです。牟田容疑者はだまし取ったカードで1カ月の間に15回にわたって70万円を引き出し、借金の返済などに充てていました。取り調べに対して「だましやすいと思った」と容疑を認めています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集