気象庁「若干の海面変動」予想 メキシコ沖地震で(2017/09/08 17:53)

 メキシコ沖の太平洋を震源とするマグニチュード8.2の地震が起きました。気象庁は日本への影響について、9日の朝、太平洋岸の広い地域にわたって若干の海面変動が予想されるとしています。

 気象庁によりますと、日本時間の8日午後1時39分ごろ、メキシコのチアパス州沖を震源とするマグニチュード8.2の地震がありました。現地メキシコ沿岸では、すでに70センチの津波が観測されています。日本への影響は、9日午前4時すぎに北海道から沖縄にかけての太平洋沿岸の広い地域で若干の海面変動が予想されるとしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集