建物火災が小田急線に燃え移り乗客が避難(2017/09/11 05:51)

 10日夕方に東京・渋谷区の建物で火事があり、小田急線の車両に燃え移りました。乗客全員が避難し、けが人はありませんでした。

 午後4時ごろ、渋谷区代々木のボクシングジムが入る3階建ての建物から火が出ました。現場は小田急線の沿線で、火は緊急停止した車両の屋根に燃え移り、乗客約300人が線路に降りて避難しました。
 乗客:「いきなり停車して停止信号かと思ったら、後ろの方から『わー』と声が上がって、何だと思って見たら煙が上がっていた。すごいパニックな感じ」
 東京消防庁によりますと、建物の火は約4時間半後に消し止められ、1階から3階の合わせて80平方メートルが焼けました。この火事で、建物にいた人や乗客にけが人はいませんでしたが、小田急線は約5時間半にわたって一部区間で運転を見合わせ、約7万1000人に影響が出ました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集