【報ステ】緊急停止8分間に延焼?小田急線車両火災(2017/09/11 23:30)

 東京都渋谷区で10日午後4時ごろ、ボクシングジムが入る3階建ての建物から火が出た。現場は小田急小田原線の沿線で、火は電車の屋根に燃え移った。警視庁などによると、警察官が近くの踏切の非常ボタンを押したため、電車は自動ブレーキで強制的に停止したという。電車を動かすためには様々な手順を踏まなければならず、再び動き出したのは強制停止から約8分後。このとき運転士などは、火が屋根に燃え移っていることは知らず、今度は消防に言われ停止。火災現場付近の乗客から避難を開始した。乗客約300人にけがはなかった。国土交通省は、小田急電鉄に避難の仕方など対応に問題がなかったのか、詳しく調べるよう指示した。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集