「パンパンと」頭撃たれ死亡 白昼に暴力団抗争か(2017/09/12 18:05)

 警察は、「神戸山口組」と「任侠山口組」の抗争事件とみています。12日朝、神戸市で男性が拳銃で撃たれて死亡しました。現場はどういう状況なのでしょうか。

 (二村貴大記者報告)
 銃撃して逃げた男は、車で「任侠山口組」関係者の乗る車にぶつかり、口論の末、男性を撃って逃げたということです。午前10時すぎ、神戸市長田区の路上で、「パンパンという音が2回して、男性が倒れています」と通報がありました。警察によりますと、倒れていたのは今年4月に指定暴力団「神戸山口組」から離脱した「任侠山口組」関係者の男性です。頭を拳銃で撃たれていて、まもなく死亡が確認されました。現場の近くには、任侠山口組・織田絆誠代表の自宅があり、事件の直前、織田代表らが乗っていたとみられる3台の車に別の車が衝突。車から降りた男性と男が取っ組み合いになり、男性はその直後に撃たれたということです。拳銃を発砲して逃げた男は神戸山口組の関係者とみられ、警察は、両組織の対立が背景にあるとみて捜査しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集