暴力団隠し会社経営か 神戸山口組系幹部ら逮捕(2017/09/13 05:55)

 暴力団組員であることを隠して虚偽の申請をして建設会社を経営していたとして、指定暴力団神戸山口組系の組幹部の男ら4人が逮捕されました。

 神戸山口組系暴力団の幹部・関口兼昭容疑者(59)と山口孔平容疑者(66)ら4人は今年3月、暴力団組員であることを隠し、虚偽の申請を行って東京都から建築工事業の許可を得たなどの疑いが持たれています。関口容疑者ら4人は、東京・練馬区のマンションの一室で「ミカド建設」という建設会社を経営し、2015年以降、2億円以上の売り上げがあったとみられています。警視庁は売り上げの一部が神戸山口組に流れた可能性があるとみて捜査するとともに、東京オリンピック・パラリンピックを控え、暴力団が実質的に経営する建設会社などの摘発を進める方針です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集