総菜食べ子ども1人死亡 O−157相次ぎ検出 群馬(2017/09/13 14:54)

 群馬県と埼玉県にある総菜店で販売されたポテトサラダなどを食べた人から相次いで「O−157」が検出された問題で、前橋市で子ども1人が死亡していたことが分かりました。

 前橋市によりますと、市内にある同じ系列の店舗で購入した総菜を食べた子ども1人が死亡し、O−157が検出されたことが分かりました。この一連の問題で死者が出たのは初めてです。この事態を受けて前橋市は、13日午後に会見を開き、詳細を説明する予定です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集