台風18号 海水温高く発達中 連休にかけ列島縦断(2017/09/13 17:03)

 台風中心の目も見えてきていて、それを取り巻く活発な雨雲が宮古島周辺にかかっています。台風情報をのせてみると、暴風域に宮古島、多良間島などが入っています。この辺りは台風に慣れている地域とはいえるのですが、今回は地元の人でも怖いと感じる雨や風。この後、今夜にかけてはさらに風が激しくなる恐れがあります。あすは台風が離れてはいくのですが、まだ雨風の強い状態は続きそうです。
 雨雲の動きです。台風中心付近の一番発達している雨雲が午後9時前後までかかります。その後、あすにかけても台風の外側にあるライン状の活発な雨雲が断続的にかかってきます。あす日中にかけても、断続的な激しい雨に警戒して下さい。
 そして、あさって以降の進路を見ると、土曜日から日曜日は西日本に向かって進んできそうで、上陸という恐れが出てきました。しかも今、この周辺の海面水温を見てみると、平年よりも高く、台風がエネルギーが補給しやすい27度を優に超えているため、あまり衰えないまま九州に近付いてくることが考えられます。となると、土曜日からは連休ですが、九州方面を中心に大きな影響が出ることに。西日本は土・日と雨と風が強まって、荒れた天気になる恐れが高いです。
 さらに、その先の予想を見ると、祝日の月曜日には東日本や北日本にも進む予想が見えていて、影響が出る恐れがあります。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集