朝鮮学校側が敗訴 授業料無償化めぐる訴訟3例目(2017/09/13 17:25)

 朝鮮学校の無償化を巡る裁判で、学校側の請求を退けました。

 東京朝鮮中高級学校の卒業生62人は、文部科学省が朝鮮学校を高校の授業料無償化の対象から外したことは違法であるなどとして、国に対し、合わせて620万円の損害賠償を求めて訴えを起こしました。13日の判決で、東京地裁は「文科大臣の裁量権の範囲からの逸脱は認められない」などとして学校側の請求を退けました。この問題を巡っては、7月に広島地裁が国側の主張を全面的に認める判決を出した一方、大阪地裁は朝鮮学校側の全面勝訴の判決を言い渡し、今回が3例目の判決でした。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集