歌舞伎町クラブの強盗殺人 中国人男性を指名手配(2017/09/13 23:35)

 2001年に東京・歌舞伎町の飲食店に5人組の男が押し入り、従業員を殺害して現金などを奪った事件で、警視庁は唯一、行方が分かっていない中国人の男1人を指名手配しました。

 中国人の郭明宇容疑者(40)は、2001年に新宿区歌舞伎町の飲食店「クラブ・ヴィーナス」で、従業員の伊藤隆三郎さん(当時59)を殺害し、現金250万円などを奪った疑いなどが持たれています。この事件を巡っては、これまでに中国人の男3人が中国で代理処罰されたほか、今年3月に警視庁が30代の中国人の男を強盗殺人の疑いで逮捕しています。警視庁によりますと、この男の供述などから郭容疑者を特定したということです。親族の供述などから、郭容疑者はすでに中国に帰国している可能性もあり、警視庁は今後、国際手配する方針です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集