母子6人死亡事件 逮捕の父親は4日前から出勤せず(2017/10/07 05:55)

 茨城県日立市の県営アパートの火事で母親と子どもの合わせて6人が死亡した事件で、逮捕された父親は事件の4日前から勤務先に出勤していなかったことが分かりました。

 自称・会社員の小松博文容疑者(32)は、自宅で小学校6年の長女・夢妃さん(11)を殺害した疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、小松容疑者は家族の他の5人に関しても殺害をほのめかしているということです。また、小松容疑者は今月2日から勤務先に出勤していなかったことが分かりました。
 小松容疑者の勤務先の同僚:「月曜日にメモが置いてあって『2、3日休む』って、『奥さんが吐血した』って」
 近所に住む人:「近所の人は 『(夫婦は)仲が悪かった』みたいな話」
 警察は夫婦の間に何らかのトラブルがあったとみて、動機などを詳しく調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集