バス運転手が走行中意識失う 乗客がハンドル操作(2017/10/09 05:50)

 兵庫県明石市で路線バスの運転手(52)が走行中に突然、意識を失いました。これに気付いた乗客の女性(53)がハンドルを操作して停車させました。

 8日午後1時ごろ、明石市の国道で走行中の路線バスの男性運転手が突然、意識を失いました。異変に気付いた乗客の女性がとっさにハンドルを操作し、バスは歩道に乗り上げて止まりました。この事故で女性は腰を打つ軽いけがをしましたが、他の乗客6人にけがはありませんでした。運転手は病院に搬送され、意識不明の状態です。運転手は現場の約70メートル手前で意識を失ったとみられ、警察は持病がなかったかなどを調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集