みちびき4号打ち上げ成功 カーナビなど性能向上へ(2017/10/10 11:52)

 日本版GPS(全地球測位システム)衛星「みちびき4号機」を載せたH2Aロケットが10日朝、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられて成功しました。

 ロケットは約30分後にみちびき4号機を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功しました。今回の打ち上げ成功で、みちびきは来年度から本格運用を開始します。アメリカのGPSを補って、これまで数メートルあった測位システムの誤差を数センチにまで小さくすることができ、カーナビなどのほか、農業機械の自動運転など私たちの生活がさらに便利になることが期待されています。
 内閣府宇宙開発戦略推進事務局・高田修三局長:「この衛星の利便性を使っている人たちの間でもシェアできるよう進めていきたい」

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集