突然、友達失い涙…全校集会で事件経過など説明(2017/10/10 11:54)

 茨城県日立市の火事があった住宅で母親と5人の子どもが死亡した事件で、11歳の長女と7歳の長男が通っていた小学校で全校集会が開かれました。

 死亡した小学6年の長女・小松夢妃さん、小学1年の長男・幸虎くんが通っていた田尻小学校では、10日午前8時20分ごろから臨時の全校集会が開かれ、校長から事件の経過について報告された後、全校生徒約540人が黙祷(もくとう)を捧げました。
 中島修校長:「涙ぐむ子どももいました。鼻をすするような声も聞かれました」
 父親の小松博文容疑者(32)は6日、自宅で長女の夢妃さんを殺害した疑いが持たれていて、他の5人の殺害についても関与をほのめかしています。警察は、8日から死亡した6人の司法解剖を行っていて、10日午後にも死因を明らかにする方針です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集