“道路ふさいだ”男を逮捕 東名高速夫婦死亡事故(2017/10/10 16:54)

 今年6月、東名高速でワゴン車が大型トラックに追突されて夫婦が死亡した事故で、警察は、ワゴン車の前に乗用車を止めて道をふさいだなどとして運転手の男を逮捕しました。

 石橋和歩容疑者(25)は6月5日の夜、神奈川県大井町の東名高速の追い越し車線で、乗用車をワゴン車の前に止めて進路をふさぎ、ワゴン車に大型トラックが追突する事故を起こしたなどの疑いが持たれています。この事故で、ワゴン車に乗っていた萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)が死亡し、娘2人もけがをしました。警察によりますと、石橋容疑者は、事故直前に萩山さんと近くのパーキングエリアでトラブルになっていたということです。石橋容疑者は逮捕前、警察に対して「追い抜いたらあおられたので、止まれという意味だと思い、止まった」と話していましたが、現在は容疑を認めています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集