追い越し車線に停車 事故誘発か…道路上で何が?(2017/10/10 16:54)

 東名高速で大型トラックに追突され、夫婦が死亡した事故で急展開です。警察は夫婦の車の前に乗用車を止め、道をふさいだなどとして男を逮捕しました。東名高速を西へ厚木を越えてさらに行くと中井パーキングエリアがあります。この事故となる前にパーキングエリア内で起きたこと、事故現場までの間に何があったのかたどってみます。

 (桜井譲士ディレクター報告)
 事故が起きる前に萩山さん家族、そして石橋和歩容疑者(25)が利用していたのが中井パーキングエリアです。本線に戻ろうと動き出したところ、通路に石橋容疑者の車が通路を狭めるような形で止まっていたということです。2列目に乗っていた萩山嘉久さん(45)が石橋容疑者の方に向かって言葉で注意をしました。萩山さん家族はその後、石橋容疑者の車をすり抜けた後、本線へと戻っていきます。この時、運転していたのは妻の友香さん(39)でした。東名高速の本線、前に見えるのが名古屋方面下り車線です。非常に多くの車が走っています。事故が発生したのは午後9時すぎでした。東名高速はその時も非常に車が多かったものと思われます。妻の友香さんが運転する萩山さん家族の車は本線に戻っていきました。すると、後ろから石橋容疑者の車が迫ってきました。そして、前に割り込んできました。この辺りは3車線ありますが、萩山さん家族が車線を変更しようと試みますが、それでも石橋容疑者の車が前をふさぎ、妨害するようなことが続きました。そして、中井パーキングエリアを出て1キロほど進んだ所で今回の事故が起きました。石橋容疑者は右側の追い越し車線で突然、車のスピードを落として萩山さんに止まるように制限したということです。その後、この先の道路で今回の悲惨な事故が起きてしまったということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集