長野・善光寺の落書き事件 47歳の女を逮捕(2017/10/11 05:50)

 長野市の善光寺で100カ所以上の落書きが見つかった事件で、近くの寺院の柱などに落書きをしたとして47歳の女が逮捕されました。

 長野市の無職の女は今月8日午前11時ごろ、善光寺近くの「釈迦堂」の柱などにばつ印の落書きをした疑いが持たれています。警察は10日、付近の防犯カメラに映っていたのとよく似た女を長野市内で見つけて事情を聴いていました。警察の調べに対し、女は容疑を認めているということです。善光寺では、少なくとも15の建物と文化財で100カ所以上の落書きが見つかっていて、警察が関連を調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集