“傷害”で逮捕状の少年が逃走中 部屋から靴はかず(2017/10/11 17:53)

 警察は付近の住民に注意を呼び掛けている。11日午前、埼玉県警が傷害事件で逮捕状が出ている少年に任意同行を求めたところ突然、逃走。現在も行方を追っている。

 予想外の事態。近所の住民は叫ぶ警察官の声を聞いたという。11日午前5時ごろ、埼玉県警の捜査員が傷害事件の容疑者の自宅に家宅捜索に入ったところ、男は捜査員の隙を見て突然、裏口から逃走したという。
 東京・品川区、埼玉県警吉川警察署の捜査員4人が傷害事件で逮捕状が出ている10代の少年の自宅へ家宅捜索に入った。そして、捜索後、任意での同行を求めたという。少年は素直に応じる姿勢を見せていたのだが…。玄関まで来たところで「隣の部屋にいる母親に一言声をかけたい」と話し、母親のいる部屋へ。すると突然、1階の窓から飛び出し、靴も履かずにそのまま逃走したのだ。目の前にいた捜査員があとを追ったが見失ったという。約30分後には再び、この小学校で少年とみられる姿が目撃されている。近所の人によると午前6時前、男は学校の柵を乗り越え、いったん自宅の方へと戻り、細い路地へと走って逃げていったという。
 少年は10代後半で、身長175センチから180センチ。短めの黒髪でがっちりとした体格。警察は100人規模で現場周辺を捜索している。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集