ダイビング指導員が“溺死” ツアー中に海底に…(2017/10/11 18:54)

 ダイビングツアー中にインストラクターの男性が溺れて死亡しました。

 10日午後0時半すぎ、沖縄の渡嘉敷島の東にある前島の沖合で、ダイビングツアーの休憩時間に22歳の男性インストラクターが1人でシュノーケリングを始めました。しかし、男性が30分経っても船に戻らなかったため、心配したスタッフが付近を捜したところ、海底に沈んでいるのを見つけました。男性インストラクターは心肺停止の状態で船に引き揚げられ、その後、死亡が確認されました。那覇海上保安部が事故の原因などを調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集