東名夫婦死亡 男は事件1カ月前にも複数トラブル(2017/10/12 15:05)

 神奈川県大井町の東名高速でワゴン車を停車させて事故を引き起こし、夫婦を死亡させたとして逮捕された男が事件の1カ月前にも運転中に複数のトラブルを起こしていたことが分かりました。

 石橋和歩容疑者(25)は6月5日、東名高速でワゴン車の前に車を止めて進路をふさいで大型トラックとの事故を引き起こし、ワゴン車に乗っていた萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)を死亡させたなどとして12日朝に送検されました。その後の捜査関係者への取材で、石橋容疑者が事件の1カ月ほど前にも、山口県下関市で自分の車を追い越そうとした車の進路を妨害して停止させて運転席のドアを蹴ったり、追い越そうとした車に自分の車を寄せて接触させるなどのトラブルを半日の間に3回、起こしていたことが分かりました。警察は今回の事件につながる点がないか調べを進めています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集