噴煙は2000メートルに達し…新燃岳の噴火が活発化(2017/10/12 17:10)

 鹿児島県と宮崎県にまたがる新燃岳の噴火は11日以上に活発化していて、噴煙は高さ2000メートルに達している。

 11日午前5時半すぎ、6年ぶりに噴火した霧島連山の新燃岳。12日も噴火が続いている。噴火活動は11日に比べて活発化し、噴煙の量が増えている。噴煙は上空約2000メートルまで上がった。白い雲海に灰色の噴煙が混ざっているのが分かる。噴煙は新燃岳から北東の方向、宮崎県側に流れた。新燃岳から10キロほど離れた宮崎県高原町では灰が降っている。小学校の子どもたちは、ヘルメットやマスクを着けて登校した。街中では道路に積もった火山灰の清掃が行われた。一方、新燃岳の西側の鹿児島県霧島市でも降灰は確認されている。気象庁は、噴火警戒レベル3の入山規制を継続し、火口から約2キロの範囲では大きな噴石や火砕流などに警戒するよう呼び掛けている。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集