【報ステ】サンシャイン水族館で魚が大量死(2017/11/09 23:30)

 東京・池袋の「サンシャイン水族館」で、大型の水槽で飼育していた1300匹余りの魚のうち、1235匹が死んでいたことがわかった。水族館によると、7日、魚の治療目的で薬品を投入した際、効果を高めるため、空気の泡で水中のごみを取り除く装置を止めたという。その結果、水槽の中の酸素濃度が低下したことで、魚の大量死につながった可能性があるとみられている。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集