「世話が面倒に」老人ホーム元職員 入居者を殺害か(2017/11/14 10:31)

 東京・中野区の老人ホームで83歳の男性の顔を浴槽につけるなどして殺害したとして、元職員の男が逮捕されました。

 皆川久容疑者(25)は今年8月、中野区白鷺の老人ホームで、入居者の藤沢皖さん(当時83)の顔を浴槽につけるなどして溺死(できし)させた疑いが持たれています。
 藤沢さんが通っていた教会の牧師:「温和で優しくて親切なおじいちゃん。亡くなったのが割と急な形で皆、えって感じでショックを受けていた」
 警視庁によりますと、皆川容疑者はベッドで藤沢さんの首を絞めたり浴槽に投げ入れたりしていたということです。取り調べに対して皆川容疑者は「世話や片付けが面倒になり、かっとなった」などと容疑を認めているということです。警視庁は皆川容疑者が藤沢さんを介護するなかで腹を立て、犯行に及んだとみて捜査しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集