あす朝は強い冷え込みに 気象予報士・小野裕子(2017/12/03 17:55)

 小中学校のインフルエンザの欠席者の数が東京都では前の週と比べると倍増しています。逆に大きく低下しているのが湿度。東京都心では10%も下がってきているんです。乾燥が加速してインフルエンザの流行期に入りましたが、一層注意です。なぜかというと、西高東低、等圧線が縦じまの冬型の気圧配置の日が多くなるからなんです。この形になると日本海側に雪や雨を降らせた空気が山を吹き降りて乾燥した風「空っ風』」となってやってきます。これで関東平野では冬晴れでカラカラになるんです。ということで東京の最小湿度をみると、特に火曜日から木曜日、30%前後まで下がりそうです。40%以下の「インフルエンザ注意エリア」から土曜日にかけて抜け出せません。厚生労働省はインフルエンザ予防に適切な部屋の湿度を50%から60%としています。加湿器必須の一週間となりそうです。乾燥だけではありません。寒い日も多くなりそうです。
 【あすの天気】
 まずあすですが、特に朝の冷え込みが強い。さいたまから前橋では3度以下と霜が降りるような冷え込みです。洗濯物は晴れる午前中から始めた方がよさそうです。
 【週間予報】
 この先見ていくと雨マークはありません。水曜日以降は一段と気温が下がって、最低気温は東京都心で3度、宇都宮ではマイナス1度と今シーズン一番の冷え込みです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集