山形に漂着の木造船 近くから“白骨化”3人遺体(2017/12/04 11:50)

 山形県鶴岡市の海岸に漂着した木造船の近くから身元不明の3人の遺体が見つかりました。警察や海上保安部が身元などを調べています。

 警察などによりますと、4日午前7時20分ごろ、鶴岡市の米子漁港の沖合を航行していた漁船が海上に浮いている1人の遺体を発見し、漁協の関係者が警察に通報しました。また、午前9時ごろ、2日に漂着した木造船の船首近くに浮いている遺体を近くの住民が発見し、さらに、砂浜に打ち上げられた状態の別の遺体も見つかりました。3人の遺体はいずれも男性とみられ、損傷が激しく、一部は白骨化しているということです。警察や海上保安部は遺体の身元や死因を調べるということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集