北朝鮮から?きょうも漂着 山形で木造船…3遺体も(2017/12/04 17:11)

 漂着した木造船の近くから一部、白骨化した3人の遺体が見つかった。

 山形県鶴岡市の海岸で2日に漂着した木造船の近くから、身元不明の3人の遺体が見つかった。3人の遺体はいずれも男性とみられ、損傷が激しく一部は白骨化しているという。そのうち1人の遺体には北朝鮮のバッジが付いていたという。そして、秋田県では…。秋田県八峰町の岩館海岸に転覆した状態で木造船が流れ着いているのが2日に見つかった。船の国籍などは分かっていない。さらに、同じ秋田県にかほ市でも漂着船が発見された。先月28日に北海道の松前小島に流れ着いた北朝鮮の木造船。その時に乗組員が島に上陸し、灯台のソーラーパネルなどを持ち出した可能性があるというのだ。先月29日に木造船を捉えた映像には、船の上にはバイクのようなものが見える。そして、1日には船の立ち入り検査で日本製の家電製品などが見つかっている。ところが、立ち入り検査が行われる前に一部の家電製品などが海に捨てられていたことが関係者への取材で分かっている。この木造船の乗組員は、4日も函館港の沖合で海上保安庁や警察から事情聴取を受けている。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集