給食のカレーにビニール片 5歳児童が帰宅後に嘔吐(2017/12/05 18:39)

 給食のカレーに入っていたビニールのかけらを食べ、嘔吐(おうと)したということです。

 3日正午ごろ、横浜市中部地域療育センターで、給食として出されたカレーにビニール片が入っているのを職員が見つけました。市によりますと、職員がその場で食事を止めましたが、すでに3人の児童が給食を口にした後だったということです。そのうち5歳の児童は、帰宅後にビニール片を7個から8個吐き出しました。ビニール片は原材料のひき肉を納入する業者が使っていた袋の一部で、市は混入した経緯について詳しく調べるとともに、今後、異物混入の確認を徹底していくとしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集