深夜の渋谷センター街で火事…原因はホルモン焼きか(2017/12/05 18:46)

 深夜の渋谷センター街で起きた火事。原因はホルモンだった可能性が出てきました。

 4日午後10時すぎ、東京・渋谷区のセンター街にある焼肉店で火事がありました。その後の警視庁への取材で、店の従業員が「客が焼いていたホルモンから火が出て、ダクトに燃え移った」などと話していることが分かりました。当時、ダクトの近くでは客2人が食事をしていたということです。この火事で8階建てビルの床が一部燃えたほか、空気ダクトが約40メートルにわたって焼けましたが、けが人などはいませんでした。警視庁などは、現場検証を行うなどして出火原因を詳しく調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集