元TBS記者からの“暴行被害” 賠償請求で第1回弁論(2017/12/05 18:13)

 フリージャーナリストの女性が元TBS記者の男性から性的暴行を受けたとして損害賠償を求めた裁判で、東京地裁で第1回の口頭弁論が開かれました。

 フリージャーナリストの伊藤詩織さん(28)はおととし4月、東京都内のホテルで、元TBS記者でフリージャーナリストの男性(51)から性的暴行を受けたとして、1100万円の損害賠償を求めて提訴しています。5日に東京地裁で開かれた第1回の口頭弁論で、男性側は当時の状況について「抵抗されることなく、親密な雰囲気になった」などとして争う姿勢を示して訴えを退けるよう求めました。弁論後、伊藤さんは「お互いの事実をきちんと公の場で、フェアな形で話し合える場になると思っている」と話しました。伊藤さんは準強姦容疑で警視庁に被害届を出していましたが、東京地検が嫌疑不十分で不起訴処分として検察審査会も不起訴相当と判断しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集