羽生善治「永世七冠」誕生 将棋界で前人未踏の偉業(2017/12/05 17:04)

 将棋界で前人未踏の偉業が達成されました。

 鹿児島・指宿市で行われていた第30期竜王戦七番勝負第5局が5日午後に終わり、羽生善治棋聖(47)が勝利しました。これで羽生棋聖は、将棋界史上初となる「永世七冠」の称号を獲得したことになります。永世の称号は7つのタイトルに設けられた栄誉ある称号です。タイトルにより獲得する条件が異なります。今回の竜王戦の場合は連続5回、もしくは通算7回の獲得が必要となります。過去、羽生棋聖は竜王のタイトル戦で2度、渡辺明竜王に負けていて、今回が3度目の挑戦でした。永世の称号は原則として引退後に名乗れます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集