文京区マンション腐乱遺体 住人男性の次男と判明(2017/12/06 19:10)

 東京・文京区のマンションの一室から腐乱した男性の遺体が見つかった事件で、司法解剖の結果、遺体がこの部屋に住む80代の男性の次男だったことが分かりました。

 警視庁によりますと、4日夜、文京区の路上で酒に酔って倒れていた80代の男性を警察官が自宅まで送り届けました。その際、部屋の中で腐乱した男性の遺体を見つけました。警視庁によりますと、遺体は男性の次男・舩橋直樹さん(46)で、外傷はなく、舩橋さんと男性は2人暮らしだったということです。警視庁は死体遺棄の疑いもあるとみて、男性の回復を待って話を聞く方針です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集