【報ステ】NHK受信料制度は『合憲』最高裁(2017/12/06 23:30)

 NHK受信料の支払い契約を強制されることが、憲法違反になるかどうかが問われた裁判で、最高裁判所が6日、初めての判断を下した。この裁判は、NHKが「公共放送としての役割を果たすため、受信料制度には十分な必要性と合理性があり、憲法に違反しないのは明らか」と主張し、契約を拒否する東京都内の男性を相手取って受信料の支払いを求めたもの。男性は、強制的な契約は憲法が保障する『契約の自由』を侵害すると主張してきた。最高裁は判決で「国民の知る権利を実質的に充足すべく採用されたもので、憲法に違反するものではない」として上告を棄却。受信料支払いを命じた高裁の判決が確定した。さらに「いつまでさかのぼって支払い義務が生じるのか」という点についてもNHKの主張が認められ、男性には、テレビを設置した2006年3月からの受信料、約21万円の支払いが命じられた。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集