【報ステ】白骨化遺体…九州豪雨の行方不明者と判明(2017/12/06 23:30)

 福岡県久留米市で3日に見つかった白骨化した遺体が、九州豪雨で行方不明となっていた朝倉市の岩下君枝さん(当時84)であるとわかった。岩下さんは九州豪雨で家ごと流され行方がわからなくなっていた。遺体は、警察や消防などが毎月一度行う集中捜索で、筑後川の河川敷の竹やぶで見つかった。全身の骨がほぼそろっていたという。これで九州豪雨による被害者は38人となり、依然3人が行方不明となっている。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集