キャンプ場のIT化などを議論 官民合同のサミット(2017/12/07 08:01)

 アウトドア・レジャーの高まりを受け、キャンプ場のIT化などを議論する官民合同のサミットが初めて開かれました。

 会議の参加者は、アウトドア業界やスポーツ庁の関係者など約500人に上ります。キャンプ人口は訪日外国人客の利用もあり、4年連続で増えています。しかし、インターネット予約などIT化に向けた人材や外国語が話せるスタッフが不足しているなど、課題は山積みです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集