スパコン助成金“詐取” 男経営の別会社にも助成金(2017/12/07 11:53)

 スーパーコンピューターの開発会社の社長らが助成金をだまし取った疑いで逮捕された事件で、男が経営に関わる別の会社も助成金を受けていたことが分かりました。

 「PEZY Computing」社長の斉藤元章容疑者(49)ら2人は、国立研究開発法人「NEDO」から助成金4億3000万円余りをだまし取った疑いが持たれています。斉藤容疑者は複数の会社に対する業務委託を装い、助成対象となる費用を水増ししていたとみられています。そのうちの一つで、自らが経営に関わる東京・八王子のメモリー会社もNEDOから助成金を受けていたことが関係者への取材で新たに分かりました。東京地検特捜部はこの会社を家宅捜索し、この8年間でのペジー社に対する総額35億円余りの助成金と合わせて金の流れを調べる方針です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集