午前中の時間帯狙い…過去10年内に3回以上の有罪(2017/12/07 19:26)

 茨城県ひたちなか市などで住宅に侵入し、現金などを盗んだとして、61歳の男が逮捕・起訴されました。男は人がいない午前中の時間帯を狙って盗みに入っていました。

 無職の佐藤浩一被告は8月、ひたちなか市の住宅の掃き出し窓から侵入し、現金約8万円などを盗んだとして逮捕・起訴されました。茨城県警によりますと、佐藤被告は家に人がいない午前中の時間帯を狙って不在かどうかを確認したうえ、盗みに入っていたということです。取り調べに対して、佐藤被告は「生活費が欲しくて盗みを繰り返した」と話しています。また、佐藤被告は過去10年以内に、同様の罪で3回以上有罪判決を受けていて、常習累犯窃盗の罪でも起訴されています。12日に第2回公判が予定されていて、3年以上の懲役が求刑されるとみられています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集