富岡八幡宮宮司の女性ら日本刀で刺され3人死亡(2017/12/08 05:50)

 東京・江東区にある富岡八幡宮の宮司の女性らが襲われ、2人が死亡、1人が重傷を負いました。襲ったのは宮司の弟で、その後に自殺を図り死亡しました。

 7日午後8時半前、江東区富岡で、富岡八幡宮の宮司の富岡長子さん(58)が車から降りた直後、近くに隠れていた弟の茂永容疑者(56)に日本刀で刺されました。長子さんは胸などを刺され、病院に運ばれましたが死亡しました。車を運転していた男性(33)はその場から逃げましたが、茂永容疑者と一緒にいた30代くらいの女に追い掛けられて日本刀で腕を切られ重傷です。その後、茂永容疑者は30代くらいの女を刃物で刺した後、自らの胸を刺し、自殺を図ったということです。茂永容疑者と女は病院に搬送されましたが死亡しました。
 殺害された長子さんと親交がある柿沢未途衆院議員:「(神社の関係者から)もしかしたら被害者は長子宮司かもしれないと聞いた。富岡八幡宮が神社本庁から離脱するとかニュースで取り沙汰されてましたから。長子宮司はどっしり構えていたので、身の危険が迫っている雰囲気はなかった」
 長子さんと茂永容疑者は、過去に宮司の職を巡ってトラブルがあったとみられていて、警視庁が殺人事件として捜査しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集