法定利息の15倍で貸し付けか 山口組系の会長逮捕(2018/01/08 00:05)

 法定利息の15倍で無許可で金を貸し付けていた疑いで、指定暴力団山口組系の会長の男が逮捕されました。

 指定暴力団山口組系「二代目章友会」の会長・新井錠士こと、松岡錠司容疑者(50)は7年前、都内に住む建築業者の男性(67)に対して無許可で1530万円を貸し付けた疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、松岡容疑者はこの10年間で約300人に対し、合わせて2億3000万円を貸し付けていたとみられ、法定利息の15倍で利息を取っていたということです。取り調べに対して「一切、知らない」などと容疑を否認しています。警視庁は、利益の一部が暴力団の資金源になっていたものとみて調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集