カヌー選手がライバルに禁止薬物 去年の日本選手権(2018/01/09 11:45)

 去年9月に実施されたカヌー・スプリントの大会で、32歳の男子選手が別の男子選手の飲み物に禁止薬物を入れ、ドーピング違反させようとしていたことが分かりました。

 日本カヌー連盟によりますと、去年9月、石川県小松市で行われたカヌー・スプリントの日本選手権に出場した鈴木康大選手が小松正治選手(25)の飲み物に禁止薬物を入れたということです。薬物を入れられた小松選手はレース後のドーピング検査で陽性となり、薬物の使用を否定していました。これを受けて連盟が調べたところ、鈴木選手がライバル選手をドーピング違反にさせようと禁止薬物を飲み物に入れたことを認めたということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集