【報ステ】今市女児事件 検察が殺害場所の主張変更(2018/01/11 23:30)

 2005年、当時の栃木県今市市の吉田有希ちゃん(当時7)を殺害したなどの罪に問われている勝又拓哉被告(35)の控訴審で、検察側は、殺害場所を「遺体が見つかった山林」から「栃木県か茨城県とその周辺」に変更することを求めた。一審では、山林で刺して殺害したという自白が信用できるなどとして、勝又被告に有罪判決が言い渡された。しかし控訴審では、自白の信用性とともに殺害場所が争点の一つとなり、東京高裁は殺害の場所などについて、検察側に追加の証拠を提出するよう求めていた。今回、検察側は、山林で殺害したと立証するのが困難だと判断したとみられる。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集