乗客430人乗った列車が立ち往生 体調崩し搬送も…(2018/01/12 08:00)

 今季最強の寒波による大雪で、新潟では11日夜から乗客430人が乗った列車が約13時間経った今も立ち往生したままです。

 新潟県三条市を通るJR信越線では、午後7時ごろから約430人の乗客が乗った列車が雪のため動けなくなり、立ち往生しています。車内には水や非常食が配られたほか、電気と暖房、トイレが確保されているということですが、立ったままの乗客も多数いて、これまでに体調を崩した40代の男性が病院に搬送されています。12日朝になってからは一部の乗客が線路を歩いて避難しましたが、午前7時現在で、まだ400人ほどの乗客が車内に残されたままの状態だということです。JRが除雪作業を進めていますが、復旧のめどは立っていません。今後、JRでは除雪が終わり次第、列車を横付けして乗客を移すことやバスで乗客を運ぶことを検討しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集