立ち往生の列車が動き出す 430人が車内で一夜…(2018/01/12 10:30)

 新潟県三条市のJR信越線で、大雪の影響で電車が11日夜から乗客を乗せたまま動けなくなり、半日以上が経った今も線路上で立ち往生していましたが、12日午前に移動を始めました。

 (石田菜津子記者報告)
 列車がやっと動き始め、ゆっくりと見附駅の方に向かっていきました。11日午後7時に新潟発長岡駅の4両編成の普通列車が雪のため停車していました。約15時間半にわたって停車。乗っていた約430人が車内で一夜を過ごしました。12日9時半ごろ、除雪が最終終了し、電車周りの雪を取り除きました。この後、乗客は次の駅でバスに乗り換えるか、終点の長岡駅まで引き続き開通を待つかという選択をすることになります。一様に乗客を外から見ると疲れが見えましたが、やっと再開ということで目的地に向かってほっとしていることと思います。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集