“変な色”の1万円 ベトナム人が偽札使った疑い(2018/01/12 18:47)

 携帯電話の代金に偽の1万円札11枚を手渡したということです。

 ベトナム人のチャン・テー・ハイン容疑者(25)は去年11月、東京のJR池袋駅で、別のベトナム人の男性に携帯電話の購入代金として偽の1万円札11枚を手渡した疑いが持たれています。警視庁によりますと、男性が紙幣の色に違和感を覚えて駅の精算機に入れてみたところ、使用できなかったことから発覚しました。チャン容疑者は「偽札とは分からなかった」と容疑を否認しています。チャン容疑者は別のベトナム人から受け取ったなどと供述していて、警視庁は経緯を詳しく調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集