都民から募集の事業案に来年度予算8.5億円 東京都(2018/01/12 23:24)

 東京都は都民から募集した子育て支援や高齢化対策の事業を進めるため、約8.5億円を来年度の当初予算案に盛り込む方針です。

 採用された都民からの事業案は、インターネット投票などで得票が多かった9件です。自然のなかでの保育を積極的に行ったり、センサーなどを活用して高齢者を見守る事業のため、約8.5億円が来年度の当初予算案に盛り込まれます。一般公募された事業が予算化されれば、都道府県として初めてです。一方、当初予算案には、多摩地域や島しょ部の発展を促進するために過去最高となる交付金550億円が計上される見通しです。4日から続いた当初予算案の知事査定は12日で終わり、予算規模は2年ぶりのプラスとなる7兆460億円ほどになる見込みです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集