“セクハラ”立行司・式守伊之助 3場所出場停止に(2018/01/13 15:13)

 現役最高位の行司・式守伊之助のセクハラ問題で、日本相撲協会は3場所出場停止とする処分を決めました。

 日本相撲協会は13日午後から臨時の理事会を開き、先月、若手の行司にセクハラ行為をしたとして、現役最高位の行司・立行司の式守伊之助に対して3場所の出場停止処分を決定しました。協会によりますと、沖縄県で開催された冬巡業中の先月16日、式守伊之助は泥酔し、宿泊先のホテルで10代の若手行司に数回キスをし、胸を1度触ったということです。式守伊之助は「覚えていない。なぜこのような行為をしたのか分からない」などと述べましたが、謝罪したということです。協会は12日、本人から出された辞職願を5月場所終了後に受理することにしていて、式守伊之助が今後、行司として土俵に上がることはなくなりました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集