麻雀大会で賞金提供…雀荘店長、風営法違反の疑い(2018/02/08 18:47)

 麻雀大会を開き、参加者に賞金を提供した疑いです。

 名古屋市中区にある「麻雀リオ」の店長・森田忠彦容疑者(60)は去年11月、店で麻雀大会を開いて参加者に賞金として現金10万円などを提供した風営法違反の疑いが持たれています。風営法は店側が賞品を用意し、麻雀大会などを主催することを禁じています。大会は参加費3000円を支払う形で36人が参加し、現金22万円余りが順位に応じて支払われていたとみられています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集