ホテル浴室に有毒ガス充満 5人搬送 換気扇故障か(2018/02/10 11:50)

 9日に長野県志賀高原にあるホテルの温泉の浴室で硫化水素が充満し、30代から60代の男性5人が救急搬送されました。

 午後2時半すぎ、長野県山ノ内町の「志賀高原ホテル一望閣」で「男湯で人が倒れている」と消防に通報がありました。ホテルによりますと、浴室にいた男性1人が倒れ、救助に入った男性4人も体調不良を訴えたということです。5人はホテルが契約しているスキースクールのインストラクターで、病院へ搬送されましたが、命に別状はないということです。消防が現場の硫化水素の数値を調べたところ、環境省が定める基準値を大きく上回る120ppmを検出したということです。ホテルによりますと、換気扇に不具合があった可能性があるということで、9日から浴室の利用を中止しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集