ダークウェブで流出NEM交換 日本人男性を任意聴取(2018/02/11 17:51)

 仮想通貨取引所大手のコインチェックから580億円相当の仮想通貨が不正に流出した問題で、流出した一部を日本人の男性が仮想通貨のライトコインと交換していたことが分かりました。

 先月、仮想通貨取引所のコインチェックから仮想通貨の「NEM」580億円相当が流出し、これまでに5億円分以上が他の仮想通貨と交換されたとみられています。捜査関係者によりますと、今回、流出した少額のNEMが匿名性の高い「ダークウェブ」のサイトを介して、日本人の男性が持っていた仮想通貨のライトコインと交換されていました。警視庁は、すでにこの男性から任意で事情を聴いているということです。流出した仮想通貨は別の仮想通貨に交換されると追跡が困難になるため、警視庁はダークウェブでの取引を監視し、警戒を強めています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集